朝日小学生新聞 ニュースあれこれ

朝日小学生新聞のニュースあれこれ

『ニュースあれこれ』は朝日小学生新聞の人気コーナー

 

毎日3つのニュースをコンパクトにまとめてあり、うちの子供は切り取ってスクラップブックに貼り付ける作業が楽しかったそうです。

 

たまに見返すことで、中学受験の時事問題対策にも大いに役に立ったと思います。

 

ある日のニュースあれこれより

M7級地震、4年以内に70% 首都圏で試算

2012年1月27付

首都圏でマグニチュード(M)7級の直下型地震が4年以内に70%の確率で起きる可能性があると、東京大学地震研究所が発表しました。東日本大震災(M9)で地震活動が活発化しているためだといい、地震への備えを呼びかけています。

 震災前の首都圏のM3以上の地震は5年間で約500回でしたが、震災後は5.5倍の1日あたり1.48回。地震はMが1大きくなると発生頻度(くり返し起きる回数)は10分の1になるとされます。これをふまえM7級の地震の発生確率を計算しました。

労働者と経営者の主張に溝 春闘スタート

2012年1月27付

日本経済団体連合会(経団連)と日本労働組合総連合会(連合)のトップが会談し、今年の春闘がスタートしました。春闘は、春に労働者でつくる組合がいっせいに賃上げなどの交渉を経営側と行うことです。
 労働者側の連合は、年を重ねるごとに賃金が上がる定期昇給(定昇)に加え、景気回復のためにも1%を目安に賃金総額を引き上げるよう求めました。一方、経営側の経団連は円高などを理由に、定昇の延期や取りやめをするかもしれないといっているので、交渉は難しそうです。

 

大人も興味を引くニュースがわかりやすくコンパクトにまとめられていますよね。

 

家ではトイレのドアにクリアファイルを両面テープで貼って、朝娘が切り抜いたニュースあれこれをこの中に入れて家族みんなで読んでいました。

 

夕食後にそれをスクラップブックに貼るというのが毎日の習慣でした。

 

小学生新聞の一つの活用法としてご紹介しました。

 

 

富士五胡の地震で今日は目覚めましたが、揺れましたね〜 しばらくして富士山の火山活動とは関係ないと発表されましていましたが本当でしょうか。

 

首都圏でマグニチュード(M)7級の直下型地震が4年以内に70%の確率で起きる可能性

 

山梨県も首都圏と考えていいんですよね。地震前兆掲示板では、今朝の地震は前震であると載っていましたが、今後も警戒が必要ですね。

 

子供新聞には興味を持つ、わからない事がわかるようになる、問題意識を持つといったような
子供の能力を引き上げる力があるのではないでしょうか。

親子のコミュニケーションが深まり、子どもの学力が伸びる
朝日小学生新聞。